髭の自分なりの剃り方

私は、髭剃りで失敗した体験談が、何回かあります。

例えば、シェービングホームを使っても、なかなか髭を剃りにくい状態になったりとか、剃り残しが、多数あったりして、困った経験をしたことが多いです。

痛くなく剃るには、通常であれば、ジェルを使いますが、失敗例としては、電動のものを使えなかったり、電動であったとしても、なかなか使い方を覚えられなかったりなど。

なので、必死に電動を使用していても、使い方や替刃の取替え方や、洗い方などが、よくわからず、大変苦労しました。

自分が、病気を患っているせいもあって、記憶力が保てず、なかなか髭を剃れなかったり、または、暫く剃らないままで過ごしたりした場合もありました。

あとは、剃った部分に傷がついてしまい、暫く痛くなって剃れなかった経験もあります。

知り合いの理容店に行くと、優しい店主の方が、ちゃんと、剃ってくれるので、非常にありがたく、感謝しています。

その方は、ご高齢にはなりますが、いつも通っている理容店では、ちゃんと剃り残しがないように、やさしくかつご丁寧に剃っていただけているので、非常に感謝しています。

因みに、自分で剃る場合は、痛くならないように、最近では、ペースの変動はあるものの、週1回または、それ以上のペースで剃るように心掛けてはいますが、病気の影響か、波があり、ちゃんと剃れない場合もあります。

元から、身だしなみを気にしていなく、病院などに行く場合は、ちゃんと剃ってから行かないといけないのかもしれませんが、なかなか剃れない状態で、主治医と話していた場合もありました。

ただ、自分では、最低限、主治医に会う前くらいは、ちゃんと剃っていきたいなぁと、深く思いました。

このようなところ<ヒゲ脱毛天王寺>で脱毛処理すれば今みたいに困ることもないと思うんですが、なかなか足向かない今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です